石焼らーめん 火山(栃木県小山市)

今回のお店は、石焼らーめん火山。

栃木県に所用があったのでらーめん屋を検索したら、

石焼らーめんなる文字が目に飛び込んできたので、

思わず訪問してしまいました。

「石焼」

このキーワードに弱いんです。

石焼ビビンパや石焼カレーなどをメニューでみかけると、

必ずオーダーしてしまいます。

あっ、でも石焼いもにはそんなに惹かれません。

さて、お店の外観です。

CAM00294

 

石焼を猛烈にアピールしてますね。

メニューはこんな感じ。

CAM00289

 

値段は若干高めかなと思いきや、

半ライスとミニ杏仁豆腐orカキ氷がもれなく付いてくるとのこと。

わたしは石焼野菜らーめんのしょうゆをオーダーしました。

わたしは初めてのお店では、そのお店の最もオーソドックスなものを選ぶことをモットーとしています。

創業時に試行錯誤して作り上げたであろう、

「これがこの店の基本の味だっ!!」

という店主の魂が込められている気がするからです。

 

待つこと5分ほど。

CAM00290

 

スープがぐつぐつと火山のマグマのように煮えたぎっています。

実はこれ、運ばれてきたときにはスープは別の器だったんですが、

手際の良いお姉さんの手によって、写真を撮るひまも無く、スープを投入されてしまいました。

いやー、でもこの熱々感は半端ないです。

麺は黄色のタマゴ麺で、スープはあっさりの醤油がベースに、

キャベツ・もやし・玉ねぎ・にんじん・ニラ・きくらげ・豚バラ肉の肉野菜炒めが入っていて、

けっこう深みのある味でした。

そしてあらかた麺を食べたら、メニューに書いてあった旨い食べ方に従い、ライスを投入。

CAM00292

なんか、見た目はあまり良くないですが、美味しいおじやです。

食後のミニ杏仁豆腐。

CAM00293

というわけで、野菜タップリの熱々ラーメンにライス・デザートと、かなり満腹になりました。

もしかしたら女性には多いかも。

おすすめ度:70点

あえて言うとすると、麺が伸びるんです。

野菜もどんどん煮えすぎてくたくたになってしまうんです。

それを言ってしまっては石焼の元も子もないのかもしれませんがね。

寒い季節や、それかつけ麺だともっと高得点かも。

でも、味も量も文句なしなので、是非ご賞味を。

北関東・南東北を中心に、埼玉や神奈川の平塚にも出店しているようです。

 

石焼らーめん 火山(栃木県小山市)” への1件のコメント

  1. さすがおおぜきさん。
    リサーチ不足の主催あかぼりも近日アップをしましょう。
    みねおさんという方から、店舗推薦がはいっています。

あかぼり にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>